03-6871-9475

営業時間 10:00〜19:00
定休日 ナシ

相続した空き家は貸すべきなの?

2024年05月16日

相続した空き家は貸すべきなの?

相続した空き家をどうするかは、個々の状況に大きく依存しますが、貸すべきかどうかを考える際には以下のポイントを考慮すると良いでしょう。


1. 固定資産税や維持費の負担

相続した空き家をそのまま放置すると、固定資産税や維持費が継続的に発生します。これらの費用は空き家を所有している限り負担する必要がありますが、賃貸に出すことで家賃収入を得られるため、これらのコストを補うことが可能です。


2. 空き家の管理とメンテナンス

空き家を放置すると、劣化が進み、最終的には修繕費が高額になることがあります。また、空き家は防犯上のリスクも高く、不法侵入や放火のリスクもあります。賃貸に出すことで、定期的なメンテナンスが行われ、物件の状態を良好に保つことができます。


3. 資産価値の向上

適切にリフォームし賃貸物件として活用することで、資産価値を向上させることができます。空き家のまま放置していると、資産価値が低下する一方で、リフォームして賃貸に出すことで物件の価値を維持または向上させることが可能です。


4. 地域社会への貢献

空き家を賃貸に出すことで、地域社会への貢献にもつながります。空き家問題は多くの地域で社会問題となっており、空き家を賃貸に出すことで地域の活性化や治安の向上にも寄与します。


5. 法律・税務面の利点

空き家を賃貸に出すことで、税務面でのメリットも享受できます。例えば、賃貸収入に対する所得税控除や、固定資産税の軽減措置を受けられる場合があります。具体的な税務メリットについては、税理士に相談することをお勧めします。


6. 個人的な状況と目的

最終的には、個人的な状況や目的に基づいて判断することが重要です。例えば、将来的にその物件を自分や家族が利用する計画がある場合、賃貸に出すことが適切でない場合もあります。


まとめ

相続した空き家を貸すかどうかは、多くの要因に依存します。固定資産税や維持費の負担を軽減し、資産価値を維持・向上させるためには賃貸に出すことが有益な選択肢となり得ます。ただし、個々の状況や将来的な計画を考慮して慎重に判断することが重要です。具体的なアドバイスやサポートが必要な場合は、不動産専門家や税理士に相談すると良いでしょう。


ページの先頭へ